過払いと債務整理の関係 - 過払い金とグレーゾーン金利

過払いと債務整理の関係

subpage01

過払いが発生している状態で債務整理をすると、返還してもらうことができるのでしょうか。


自己破産や任意整理などをしようと考えている人なら、どう扱われるのかが疑問になるのではないでしょうか。


この場合についてですが、専門家に依頼すれば特に問題はありません。通常、債務整理を行うときには、過払いが発生しているのかどうかをチェックして、そして発生しているのなら返還請求が行われます。


ですから、弁護士や司法書士に依頼すれば、両方を行ってくれます。
例えば、任意整理を行う場合を考えてみましょう。

弁護士に任意整理を依頼した場合に、最初に取引履歴の開示を行います。

こだわりの高いニコスの過払い金に関する最新情報はこちらです。

そして利息の引き直し計算を行います。
そこでもしも過払いが発生していた場合、その金額を計算して、それを借金の返済に充てることになります。
その残りの金額がどれくらいになっているのかによって扱いが異なります。
もしも借金の金額のほうが小さかった場合、完済した上で残りを受け取ることができます。



借金の金額のほうが大きかった場合、借金は残りますが、残りの分だけを返済していけばよいことになります。


それを一括して返済できないのであれば、分割して返済するような交渉を行ってくれるでしょう。

ほかの債務整理を行う場合でも同じで、もしも過払いが発生しているのならその返還請求が行われるのが普通です。



ですから、過払いが発生している場合でも返済が難しいと考えるのなら、債務整理を検討するとよいです。