過払い金と出資法について

subpage01

過払い金というのは、簡単に言えば利息制限法の上限金利を超えた利率で行っていた融資によって発生したものだと言えるでしょう。

ニコスの過払い金は支持されています。

金利の上限を定めた法律は利息制限法とは別に出資法という法律があります。


当時の貸金業者は、利息制限法の上限金利を超えた利率で融資を行っていましたが、出資法が定めている上限の29.2%を超えて融資を行うことはありませんでした。

どちらも法律であるにもかかわらず、片方の法律は守って、もう一方の法律は破っていたのはなぜなのでしょうか。

これは法律の内容に違いがあるからです。
利息制限法は、解釈の仕方によっては上限を超えて融資を行っても良いようなことが書かれていました。



それをうまく利用して融資を行っていたと言えるでしょう。

法律そのものが少し曖昧だったことが過払いの原因だとも考えられます。

出資法では上限が明確に定められていましたし、また出資法には刑事罰も定められていました。



利息制限法には刑事罰までは定められていなかったことも大きく影響していると考えられます。現在ではこの点は改善されていて、利息制限法も明確に定められるようになりましたし、また出資法も上限が29.2%から20%と定められました。
これによって過払い、この後は発生しにくくなると考えられます。


ただ、法律が二つあるという現状は変わっていませんから、完全に解決されたわけではありません。

現在のところは、まともな業者なら利息制限法を守って融資を行っています。