過払い金とグレーゾーン金利

subpage01

過払い金が発生した原因としてグレーゾーン金利があります。
グレーゾーン金利とは、利息制限法と出資法の二つの法律で定められた間の金利のことを指します。

ニコスの過払い金について親身になってアドバイスいたします。

具体的に言うと、利息制限法では10万円以下の融資は20%が上限、10万円以上100万円未満なら18%、100万円以上になると15%となっています。

これに対して、出資法は29.2%と定められていました。

この間の金利を指します。例えば100万円以上の場合、15%より大きく、29.2%以下の金利がグレーゾーン金利となります。

かつては、たとえば23%くらいの金利で融資をすることは、貸金業者の業界ではごく普通のことでした。



法律が二つあって、二つの法律を両方守ろうと思えば利息制限法の上限金利以下で融資を行うべきでしょう。しかし、儲けようと考えている貸金業者なら、出資法の上限が融資の上限とみなして融資を行っていました。
ですから、過払いはグレーゾーン金利によって発生したといってもいすぎではありません。全ての貸金業者がそうやっていたのかというと、実はそうでもないのです。
もともと低金利での融資をウリにしていた貸金業者は利息制限法を守って融資を行っていましたし、ほかにも銀行が出資して作られた貸金業者は利息制限法を守って融資を行っていました。



しかし、多くの貸金業者が利益を追求するためにグレーゾーン金利での融資を行っていたために、多くの人に過払いが発生したと考えられます。